昔と異なり、シミの悩みは女性だけでなく、男性も真剣に考えているひとがふえています。
あるデータでは、3人に1人がの男性が、シミ悩みを訴え、化粧水を使っているそうです。

シミは、肌の老化を感じさせ、老けた印象をあたえるために、女性男性ともわず、あるよりも無い方が断然に良い。

このシミとは、皮膚の内部で起きているメラニンが原因。
しかし、メラニンとは、もともとは紫外線を防ぐために働いてくれる、大切な役割を果たしているのですが、年齢が関係し、働きが鈍くなる。そのために、通常とはことなり、活発的な動きができないことが、ひとつの要因となり、色素がターンオーバー化してしまい、目の下やホホの回りに嫌なシミが出来てしまうわけですね。

多くのシミは「老人性色素斑(日光黒子)」が関係し、紫外線が原因とされています。
そのために、日常生活のために、シミを最低限予防したいのが日焼け止めになります。

ただし、日焼け止めの効果のある化粧水を使っていても、これを毎日のように使うと、肌への負担になることが有ります。

1日や2日ほどの紫外線の化粧水なら問題ありませんが、1ヶ月、1年間、5年間と長期間に渡り続けることで、肌に対する負担は、多少なりとも起こります。

日常生活の紫外線カットはパウダーリーファンデーションで十分なので、日焼け止めや下地は傾いても良いかと思います。

パウダーリーファンデーションだと粉吹きして綺麗につかないという人もいるので、そいういう人はまず日々のスキンケアを見直す。この基本的なことをどれだけ心がけるかで、お肌のケアが持続できるはずです。

どうしても、毎日使うものなので肌荒れが起こりやすいために、多少は気を使いたいものです。