ハイドロキノンクリームの使い方も同じようで、それぞれの使いはあると思います。

私は、悩んでいるシミの部分で、できるだけ”薄く”塗るようにしている。
初めて使った時、濃い目に塗ったのですが、これが”失敗”で、皮膚の表面部分が炎症を起こし、痒みを感じていました。

そのために、できるだけ薄く、薄く塗ることを意識しています。

あと、デリケートな肌の人は、ハイドロキノンクリームを使う前に、洗顔後に化粧水を使っておいたほうが良いと思います。

特に、乾燥で肌が激しい場合は、ビタミンC誘導体の美容えきがオススメ。

肌の潤いのためにも最も必要だと思います。
洗顔後に、化粧水をつけると、肌がしっかりとして、潤いを保ってくれる。だけど、化粧水の水分がそのまま肌の潤いになるわけではないので、できるだけ成分などを調べてから使いたいもの。

保湿成分がなければ、与えた水分は上達してしまいますので、結果としては意味が無かったりするので、要チェック。

つまり、肌の潤いのためには、必要なのは化粧水ではなく、保湿成分を含む保湿美容液になると思います。

洗顔後に、肌を潤わしてくれる化粧水を塗り、その後にハイドロキノンクリームを使う。この流れがベスト。