アメリカで肌の漂白剤と呼ばれているハイドロキノン。
なんだか”漂白剤”とは、お肌に悪いようなイメージが悪いのですが、それだけ、シミに効果がるということになります。

ハイドロキノンクリームの効果として、メラニンを作るチロシナーゼの合成や活性を強力にブロックします。そのために、シミを防いでくれるわけですね。

アメリカでシミ治療の医薬品として、このハイドロキノンと一緒に使われるのがレチノン酸のクリームです。細皮膚の新陳代謝が高まり、古くなった表皮がどんどん剥がれるので、シミを薄くする効果があります。

でも、表皮が薄くなると、それだけ刺激に弱くなるので注意しなくてはいけません。

ハイドロキノンとレチノイン酸はアメリカでは市販のコスメにも配合されていますが、日本ではコスメへの使用は認められていません。

そのために、パソコンやスマフォのインターネットを利用し、個人輸入で購入します。

個人輸入と聞くと、英語を話さなければいけないようなイメージが有りますが、個人輸入代行店が何種類かあるために、Amazonや楽天のように気軽に購入することができます。

ただし、個人で購入することになるために、自己責任となります。
どうしても、海外で製造販売しているハイドロキノンやレチノイン酸のクリームになるために多少の副作用が起こる可能性があるので、あるていど購入する前は、理解をした上で購入する事になります。

少々刺激があるので、塗る前に、化粧水を使うなど、ちょっとした工夫が必要です。